転勤族の5人家族。引っ越し時に
「荷物が1ヶ月間届かない」という
ハプニングがきっかけで、モノを少しずつ
手放してミニマリストに。
日々暮らしをシンプルにするべく、
様々な工夫を楽しんでいます。
読者登録していただくと、更新のお知らせが届いて便利です^^

********************

義両親が来日して4日目。

10月はなるべく仕事を入れず、

義両親と一緒に過ごす時間を大切にしています。


1年ぶりの日本なので、彼らにとって、

とにかく何を見ても食べても、新鮮。

そんな彼らと一緒にいると、

まるで小さな子どものように

「見るものすべてに感動する」

というキラキラなエネルギー(波動)が

伝染します。^^


「そうそう、こんなふうに

毎日を過ごしたいんだった!」

と思い出します(笑)


視点を変えれば、それは誰でもできます。

「あたりまえ」「めんどうくさい」

「退屈」という思考や捉え方を捨てる。


モノの1日1捨ては

自然とできるようになったので、

最近は思考の1日1捨てを楽しんでいます。 


それから、義母は1つ1つの作業が

とても丁寧な人。

「私ももっともっと、こんなふうに

家事を丁寧に楽しみたい!」

と思わせてくれます。


本書のPart 2にある「モノの愛で方」。

IMG_8560


モノを1つずつ手放していった先にあるのが、

モノを味わい愛でること。

モノを手放すことが目的ではなく、

残ったモノを楽しむこと、味わうことが

目的
です^^


モノが少ないと、それが容易に

できるようになります。

逆にモノが多いと、モノに埋もれてしまい

それは難しくなります・・


それからモノだけでなく、

義母のように料理なども丁寧に味わいめでたいと

思います。

そうすることで、毎日がもっと楽しくなるから。


私にとっての「味わい愛でる」

はこのようなイメージです。

「くらしのきほん」の動画をご覧ください^^




1つ1つの動作をゆっくりと、丁寧に味わう。

時間に追われ、あわてて料理をするのではなく

切る、炒める、煮込む、をかみしめる。

「料理」に集中する。


それは何も複雑なレシピじゃなくてもいい。

おみそ汁を作るとき、お米を研ぐときにもできる。


だれでも時間に余裕がないときはあります。

だから、味わい愛でるのは5分でもいい。

たった5分でも、確実に達成感、充実感に

つながるのです。


今日もご訪問ありがとうございました。

皆様が素敵な休日を過ごされますように。

おかげさまで重版が決まりました!「1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす」

532d71aa

\ いつも参考にしています! /

ブログ村テーマ

日常の小さなできごとを愛する生活


シンプルライフ


シンプルで豊かな暮らし


もっと心地いい暮らしがしたい!

すっきり暮らす

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

IMG_3354

画像は実家の愛猫・りゅう(メス・21歳 


☆私のインスタグラムはこちら↓
aikon

前著3冊(お読みいただきありがとうございます
ミニマルに暮らす with 無印良品 シンプル生活 55のヒント 家事がラクになる、心が軽くなる ラクする家事 10の法則 家庭科2の私でもうまくいく